東京での太陽光発電に対する状況について

原発が止まっていることもあり、東京では電気料金の値上げが敢行されるようですね。
ただでさえ、物価の高い東京において、必要不可欠な電機の値上げは、仕方が無いとはいえ、ちょっとつらい物があります。
そこで、誰しもが検討することになるのが、太陽光発電ですよね。
自分の家の屋根で、無料の太陽光を利用して電気を作り出すのですから、これほど効率のいいものはありません。
さらにここにオール電化を併用すれば、ガスの基本料金もかからなくなり、うまくいけば全体の家計が大きく助かることになりますよね。
そこで気になってくるのが、補助の状況や日照時間だと思います。null
全国では、大阪府のように補助金が出ない都道府県も存在しておりますが、幸いなことに東京はちゃんと出ますので、そこについては安心ですよね。
いかに、将来的に電気料金がかからなかったり、大幅に安くなるとしても、最初にかかる費用が大きくなると、あまり意味が無いですからね。
そして、面白いのが区によって、補助の制度が色々あることです。
設置した人の電気を買い取ってくれるとか、設置するために貸してくれる金融機関を斡旋してくれるとか、さらにこれらの事業と補助金を出してくれる事業を併用しているなど、実にバラエティに富んでいます。
ただひとつ言えるのが、他の都道府県に比べて損であると言うことは、絶対にないことです。
だって、最低でも国と都、そして区の補助金がいただけるか、そうじゃない場合でも、何らかの助けは存在しているわけですからね。
そして、自然環境ですが、順位的には日照時間がそこまで高いと言える県ではありませんが、極端に少ない北海道や東北に比べると、十分に多いですし、むしろ、南国沖縄よりも日照時間が多いくらいですからね。
そう考えると、あまり電気を作ることができないとか、そんなことはなさそうですね。
生活に支障をきたすほどの大雪が何度も降ってくるとか、そんなこともありませんからね。
状況としては、いい感じなのではないでしょうか。