太陽光発電を考える

世の中、あの東日本大地震・福島原子力発電所事故以来、自然エネルギーへの移行が急速に言われるようになりました。
ですがそんな簡単にエネルギー政策が変わるものでもないと思うのです。
null特に火力発電は、CO2の問題もあり廃止の方向に動いていた訳ですから、修理や修復、原料の調達などに相当な苦慮もいるはずです。
そんなことから各電力会社は、電気料金に値上げを言って来ること間違いないと思うのです。
円高に日本では、本来石油など安く輸入できるはずだったのですが現在の原油は、投機の対象になってしまい円高だけでは価格の変動が小さいのです。
そこで言われているのが、太陽光発電への移行です。
これは、一般家庭でも出来る電力と言うことで、今興味を持つ方も増えて来ているようです。
そして実際に取り付けも終わり、自分の家から売電も行っていると言う方も存在しているのでした。
幸い日本と言う国は、日照時間にも恵まれた国でもあるのです。
最低と言われる秋田県でも、そこそこの太陽光発電は可能な国なのです。
ですから日本でも有数の日照時間を持つ、山梨県とか四国高知県などは、かなり的確な地であること間違いなのです。
そんなことから太陽光発電は、安心出来る発電に間違いないのです。
CO2などを排出することもありません。
他に迷惑をかけることが、全くないのです。
そんなことから、安全で安心出来るエネルギーに間違いないのです。
多くの家庭での設置が望まれるのですが、まだまだ取り付け費用の問題なども残っています。
国、地方自治体の援助が、もっともっとあっても良いのかもと思うのです。