補助金の金額は大田区が一番

太陽光発電の設置費用は近年、かなりのスピードで低価格が進んでいます。
また、これからも新しい技術が次々と開発されるでしょうから、将来的に見てもこの傾向は続くでしょう。
とはいえ、以前と比べて価格が安くなっているといっても、「誰もが気軽に設置できるほど安くなっているのか?」と問われると、必ずしも「そう」とはいえないでしょう。
実際、太陽光発電システムの設置には平均で200万円前後かかると言われているので、決して安いとは言い切れないでしょう。
しかし、太陽光発電は環境にやさしいエネルギーですから、温室効果ガスの削減を目標に掲げる政府としては太陽光発電を普及させたいところです。
そこで、普及を後押しするために政府は補助金を支給しています。
この補助金は国だけでなく、地方自治体からも支給されます。
支給額は地域によって異なりますが、お住まいの地域によってはかなりの額の補助金が支給されることになるので、負担を軽減することができます。
全国的に見て、補助金の額が多い地域の1つが大田区です。
大田区で3.5キロワットのシステムを1キロワット当たり50万円で設置した時について考えてみましょう。
このとき、設置費用は3.5×50万で175万円になります。
国からの補助金は1キロワット当たり3万円となるので3.5キロワットで10万5000円となります。
東京都からは1キロワット当たり10万円ですから35万円です。
さらに、大田区からは1キロワット当たり5万円になりますから、3.5kWで17万5000円です。
合計では63万円にもなります。
設置するための初期費用は175万円でも補助金によって63万円の負担がなくなるので、設置には100万円ちょっとしかかからない計算になります。
このくらいの値段ならばかなり敷居が下がりますし、毎月の光熱費の節約分と売電による収益によって10年程度で初期費用が十分に回収できる計算になります。
こう考えると、大田区は太陽光発電に適した地域だといえるでしょう。