足立区で再生可能エネルギーを

最近は、再生可能エネルギーに興味のある人がかなり増えてきたと思います。
国としても、再生可能エネルギーに力を入れているので、個人でも何かできることはないかって思っている人が増えているのでしょう。
自分の家で発電するなんて、難しい話のようではありますが、太陽光発電であれば、決して難しいことはありません。
難しい点といえば、設置費用が高いということでしょう。
東京都足立区の場合は、太陽光発電を導入するとなるとどれくらい費用がかかるのかを考えてみましょう。
都内でも足立区は人口が多く、住みやすい場所でもあります。
太陽光発電を導入すると、補助金がもらえるという話は知っているでしょう。
足立区でも補助金があったのですが、すでに締め切られているようです。
とはいうものの、国と東京都からは補助金がもらえます。
しかも、東京都の補助金の金額はかなり高額なんです。
太陽光発電システム1kwあたり10万円、上限金額が100万円といわれています。
これだけの金額を補助してくれる自治体はほかにはないんじゃないかって思うくらいの金額なんです。
だから、足立区からの補助金がなかったとしても、十分もらえるといってもいいでしょう。
ソーラーパネルの購入価格自体もかなり下がってきています。
国は、ソーラーパネルの購入価格が高いことも考慮して売電価格を高めに設定していたようですが、ソーラーパネルの購入価格がかなり下がってきているということもあって、売電価格を引き下げることを検討しているようです。
ということは、まだ、売電価格が下がっていない今のうちに設置しておいたほうが早く元が取れるということではないでしょうか。
国の補助金には締め切りがありますし、少しでも得をするためには、早めの設置がお勧めです。
まずは、ソーラーパネルの設置について相談してみましょう。
相談窓口などを利用したり、一括見積もりを利用したりして、行動を起こすことが大事ではないでしょうか。