東京都が実施する支援策

東京都は住宅用創エネルギー機器を設置する住宅への支援策として補助金制を採用しています。
補助金の対象としているのは太陽光発電システム、太陽熱利用システム、ガスコージェネレーションシステム、蓄電システムの省エネ機器です。
null太陽光発電システム設置に対しては、補助額1kwあたり100,000円としています。
太陽熱利用システムは1㎡あたり70,000円、ガスコージェネレーションシステムと蓄電システムは1kwあたり100,000円としています。
これらの省エネ機器の中でも特に需要があり人気があるのが太陽光発電システムです。
太陽光を利用して住宅で発電するいわゆる自家発電が可能となります。
太陽光発電は発電に際して二酸化炭素を排出しないため、クリーンに発電することができます。
東京都では地球温暖化を防ぐためにこうした補助金制度を設け、省エネ機器の設置を推奨しているのです。
条件は特に厳しいものでもありませんので、利用できる住宅は利用しておいた方が費用の節約になります。
東京都が実施している補助金制度に加え、国や市区町村が実施している同様の制度も併用することが可能です。
市区町村が実施する補助金制度は市区町村ごとに補助金額や申請方法等が異なります。
お住まいになっている地域の行政のホームページを見ると補助金制度の実施の有無や金額・申請方法等を知ることができます。
市区町村ごとに補助金制度にあてられる予算が違いますし、年度ごとに予算が違っています。
年度によって補助金の募集枠が異なり、予定している募集数や予算を超えると受け付けが終わってしまいます。
補助金制度を利用する際は、予算枠や申請期限などを必ず確認するようにしましょう。
東京都の補助金制度をインターネットで調べるなら、太陽光発電、補助金、東京都、この3つのキーワードで検索すればすぐに見つかります。
補助金制度はずっとあると考えず、期限や予算が限られるいると考えて早めに申請しておきましょう。