多摩市で導入することについて

多摩市は東京の西部にある地域で、都心へのアクセスが便利な地域でもあることから、東京の中でも比較的に持ち家率が高めであることは確かです。
バブル時代では、都心部の地価が恐ろしく高騰したこともあって、多摩市に持ち家を購入しようと移り住んだりした人も多かったそうです。
現在では、住宅が集まる都市となりましたが、駅前から離れた郊外は緑豊かな街となっており、太陽光発電に適した立地もあります。
そして、個人では太陽光発電を導入したい人も案外多いです。
その証拠として、多摩市の太陽光発電に関する補助金の制度がありますが、平成24年度補助金の受け付けは、6月時点で補助金の予算額に到達してしまったそうです。
そのため、現在では補助金が打ち切られている現状です。null
従って、補助金を受けたい場合には平成25年度の太陽光発電の補助金を申請する必要があり、それまで待たなくてはいけないのが現状となっています。
平成25年度の太陽光発電に関する補助金制度は今のところ未定ですが、社会全体が太陽光発電の普及を推進していることもあって、来年の25年度も必ず行うはずです。
ちなみに、多摩市の太陽光発電の補助金を受けるためには、要件が幾つかあります。
補助対象システムの規格については、J-PECの適合機種であり、最大出力合計が1KW以上10KW未満であることです。
そして、自ら居住する住宅に、新たに補助対象システムを購入・設置する世帯主が行い、補助金の交付決定後に設置工事等の着手をすることです。
なお市税を申請日現在、滞納していないことも要件となっています。
現在は多摩市は来年度の補助金制度の待ち状態ですが、例年申込者が多いようですので、制度が決定したら速やかに手続きを行い、早めに申し込むことが肝要となります。